• 不動産鑑定士とは
  • 入会のご案内
  • 会員検索
      
  • 依頼者・利用者へのご案内
  • 連載コラム
  • 研修実施関係インフォメーション 研修関連
  • 依頼者プレッシャー通報制度
  • 不動産鑑定相談所
  • ADR(裁判外紛争解決)
  • パブリックコメントの募集や結果 パブリックコメント
  • 実務指針
  • 業務指針
  • Facebook
  • youtube

Q16.借地人に底地を買ってもらいたい


Q16.借地人に底地を買ってもらいたい

私は関西に住んでいるのですが、東京にある土地(底地)を相続しました。土地を管理 することもままなりませんので、借地人に買い取ってほしいと考えています。底地価格は どのように評価するのでしょうか。

A.

底地を当該借地人が買い取る場合は、底地と借地権付建物が同一所有者に帰属すること による市場性の回復により経済価値が増加する場合があることに留意すべきとされていま す。
ご質問は借地人に買い取ってもらう場合の適正価格ですから、限定価格ということにな り、併合の利益を考慮して求めます。
借地権者が底地を取得すると完全所有権が回復しますので、実務としては更地価格に底 地割合を乗ずる方法、借地人が底地を買い取った場合の取引事例比較法によって求める方 法などが考えられます。底地を借地人が買取るときと、借地人以外の第三者が買取るとき では価格が変わると考えられています。
割合方式は都内のように借地権取引の慣行が熟成し、慣行的借地権割合、底地割合が形 成されている地域では受け入れやすいのですが、借地権取引の慣行が熟成しておらず、借 地権価格を認識できないような地域では、割合方式は理解を得ることは難しくなるでしょ う。
借地権と底地の関係は、大都市、地方都市、農漁村集落などの地域性が顕著に現れます ので、地域の取引慣行に即した解決が理解を得やすいでしょう。