• 不動産鑑定士とは
  • 入会のご案内
  • 会員検索
      
  • 依頼者・利用者へのご案内
  • 連載コラム
  • 研修実施関係インフォメーション 研修関連
  • 依頼者プレッシャー通報制度
  • 不動産鑑定相談所
  • ADR(裁判外紛争解決)
  • パブリックコメントの募集や結果 パブリックコメント
  • 実務指針
  • 業務指針
  • Facebook
  • youtube
  • アプレイざるちゃんとコンさるくん
  • 先輩に聞いてみよう!不動産鑑定士の仕事図鑑

研究報告「高齢者住宅・施設、病院の不動産鑑定評価(改訂版)」の公表について

 本会ヘルスケア関連小委員会の研究報告「高齢者住宅・施設、病院の不動産鑑定評価(改訂版)」を公表しましたので、ご案内をさせていただきます。

 平成25年3月、当小委員会は研究報告「高齢者住宅・施設、病院の不動産鑑定評価」を発表しましたが、その後も、高齢者住宅・施設、病院の需要、供給は増加し、平成26年には第1号のヘルスケアリートが誕生しました。 また国では、平成26年6月に「高齢者向け住宅等を対象とするヘルスケアリートの活用に係るガイドライン」(※1)を公表し、平成27年6月には「病院不動産を対象とするリートに係るガイドライン」(※2)が公表されました。 これらのガイドラインにおきましては、不動産鑑定士は、高齢者住宅・施設、病院の事業特性を十分に理解する外部専門家として期待され、またそれぞれのアセット評価において留意すべき点が記載されています。
 当小委員会では前回研究成果の公表後もヘルスケアアセットに関する鑑定評価について、引き続き研究を続けてきましたが、 今般、前回報告後の制度改正や統計数値の更新のみならず、サービス付き高齢者住宅の評価手法の精緻化等を行い、 上記研究報告の改訂版を発表することに致しました。 今後も引き続きデータの更新、充実と新たな論点について検討を続けていきたいと存じます。 (「はじめに」より引用)

>>>会員の方はこちら

>>>一般の方はこちら

※1 http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo05_hh_000039.html(国土交通省ホームページにリンク)

※2  http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo05_hh_000056.html(国土交通省ホームページにリンク)