• 不動産鑑定士とは
  • 入会のご案内
  • 会員検索
      
  • 依頼者・利用者へのご案内
  • 連載コラム
  • 研修実施関係インフォメーション 研修関連
  • 依頼者プレッシャー通報制度
  • 不動産鑑定相談所
  • ADR(裁判外紛争解決)
  • パブリックコメントの募集や結果 パブリックコメント
  • 実務指針
  • 業務指針
  • Facebook
  • youtube
  • アプレイざるちゃんとコンさるくん
  • 先輩に聞いてみよう!不動産鑑定士の仕事図鑑

「平成27年都道府県地価調査」について(国土交通省)

 国土交通省が「平成27年都道府県地価調査」の結果をとりまとめて公表しました。
 都道府県地価調査は、不動産鑑定士の鑑定評価に基づいて、都道府県知事が7月1日時点の正常価格の判定を行ったものです。

 平成27年都道府県地価調査の結果の概要は以下のとおりです。
 ・全国平均では、住宅地、商業地ともに依然として下落をしているものの下落幅は縮小傾向を継続。
 ・三大都市圏をみると、商業地については総じて上昇基調を強め、住宅地については、東京圏・名古屋圏で小幅な上昇を継続。
 ・地価公示(1月1日時点の調査)との共通地点で半年毎の地価動向をみると、全国の住宅地は前半0.2%の上昇、後半は0.3%の上昇。また、商業地は前半0.5%の上昇、後半は1.1%の上昇。
 ・上昇地点数の割合をみると、三大都市圏では、住宅地の4割以上の地点が上昇、商業地の7割弱の地点が上昇。一方、地方圏では住宅地、商業地ともに上昇地点及び横ばい地点は増加しているが、依然として7割以上の地点が下落。

詳しくは国土交通省のホームページをご覧ください。
http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo04_hh_000106.html