• 不動産鑑定士とは
  • 入会のご案内
  • 会員検索
      
  • 依頼者・利用者へのご案内
  • 連載コラム
  • 研修実施関係インフォメーション 研修関連
  • 依頼者プレッシャー通報制度
  • 不動産鑑定相談所
  • ADR(裁判外紛争解決)
  • パブリックコメントの募集や結果 パブリックコメント
  • 実務指針
  • 業務指針
  • Facebook
  • youtube

依頼者プレッシャーに関する調査結果について

 平成24年7月1日より適用となりました『鑑定評価監視委員会規程に基づく依頼者プレッシャー通報制度』に基づき実施いたしました、年1回の「依頼者プレッシャーに関する調査」における調査結果を取りまとめましたので、ご報告申しあげます。

【調査の概要】
調査期間
平成29年4月24日~5月31日
調査対象
業者会員及び従たる事務所(※登録された事務所単位)
調査内容
平成28年4月1日~平成29年3月末日において、依頼者プレッシャーを受けたことの有無。
他者が依頼者から不当な働きかけを受けている又は受けている可能性がある若しくは受けるおそれがある評価案件を確認した(見た・聞いた)ことの有無。


【調査結果の概要】
回答は841件であった。
そのうち、依頼者プレッシャーを受けたとの回答は3通であった。
また、他者が依頼者から不当な働きかけを受けている又は受けている可能性がある若しくは受けるおそれがある評価案件を確認した(見た・聞いた)との回答は2通であった。

都道府県別の回答状況は、次のとおりである。
依頼者プレッシャーに関する調査結果 (PDFファイル)

年1回 依頼者プレッシャーに関する調査について(お願い)