• 不動産鑑定士とは
  • 入会のご案内
  • 会員検索
      
  • 依頼者・利用者へのご案内
  • 連載コラム
  • 研修実施関係インフォメーション 研修関連
  • 依頼者プレッシャー通報制度
  • 不動産鑑定相談所
  • ADR(裁判外紛争解決)
  • パブリックコメントの募集や結果 パブリックコメント
  • 実務指針
  • 業務指針
  • Facebook
  • youtube

実地演習(第11回実務修習以前)

実地演習の報告書式等について


実地演習は、物件調査実地演習と一般実地演習により構成され、それぞれ定められた書式により作成のうえご報告いただきます
・提出書類の記載例・記載要領、実務修習・受講の手引きを熟読のうえ、作成してください
・物件調査実地演習及び一般実地演習に必要な書式等は、全て下記からダウンロードしてご使用ください。
・必ずパソコン上で入力して作成してください。手書きでの作成は不可となりますので、ご注意ください。
・書式の変更は、一切認められておりません。
・印刷の際に枠などがずれた場合、掲載されている印刷見本及び記載例に合わせて調整するようにしてください。
・実地演習の内容及び報告の仕方については、全て指導鑑定士にご相談ください。
・記載例・記載要領の記載文例は、書き方の参考例を示すものであり、模範解答ではありませんのでご注意ください。
サイズ
/枚数
DL 印刷
見本
記載例
物件調査実地演習関係
物件調査報告書 土地及び建物一括 A4/6枚 Excel    
土地 A4/3枚   PDF PDF
建物 A4/3枚   PDF PDF
一般実地演習関係
実地演習報告内訳書(H29.1変更) 更地、建付地、借地権・底地、宅地見込地用 A3/2枚 Excel   PDF
自用の建物及びその敷地、貸家及びその敷地、借地権付建物用 A3/2枚 Excel   PDF
区分所有建物及びその敷地用 A3/2枚 Excel   PDF
新規家賃・新規地代用 A3/2枚 Excel   PDF
継続家賃・継続地代用 A3/2枚 Excel   PDF
指定類型実地演習関係
鑑定評価書(H29.1変更)
※「Ⅳ.鑑定評価の依頼目的の 2.依頼者以外への提出先等」及び「Ⅹ.付記事項 1.不動産鑑定士等の役割分担」につき、実務修習としての履修報告であることを踏まえ、反映させなくて構いません。詳しくはこちら。
更地(商業地) A4 Word    
更地(大規模画地) A4 Word    
貸家及びその敷地 A4 Word    
継続家賃 A4 Word    
事例カード 取引事例及び賃貸事例一括 A4 Excel    
取引事例カード A4/2枚   PDF PDF
賃貸事例カード A4/2枚   PDF PDF
想定上の鑑定評価依頼書(H29.1変更) A4/1枚 Excel PDF  
別表(4手法各一式)
※別表は一例を参考までに掲載しております。実地演習機関でご使用の書式で結構です
  Excel  
  サイズ
/枚数
DL 印刷
見本
記載例

実地演習に係る報告書等の提出方法


作成方法 必ずパソコンにより作成
印刷方法 片面
資料の並び順 原則、正本は正本でまとめ、副本は副本にまとめ、正一式・副一式に分けて、提出
物件調査実地演習 土地-1、土地-2、土地-3、建物-1、建物-2、建物-3の並び順で一式とし、正一式・副一式を1部ずつ提出
実地演習報告内訳書
(必ず、A3)
正・副に分け、1~22細分化類型の番号順に並びかえたものを一式とし、正一式・副一式を1部ずつ提出
指定類型実地演習 副本については、内訳書はA3とし、その他の資料は、各サイズをA4に縮小させ、正本のコピーで可。 ① 鑑定評価報告書
② 別表(取引事例比較法等の別表様式は定めていません。都合のよいもので可。)
③ 附属位置図
④ 物件調書一式
⑤ 想定上の鑑定評価依頼書(想定でなければ、不要)
⑥ 事例カード
※①~⑥の順番に並びかえたものを一式とし、正一式・副一式を1部ずつ提出

⑦ 実地演習報告内訳書(必ず、A3)
上記、①~⑥とは、別に分け、正一式・副一式を1部ずつ提出
※実地演習報告内訳書の提出が他にあれば、そちらに含め、正と副に分け、細分化類型の番号順に並びかえ、正 一式・副一式を提出

原則、全てクリップ留め。ホチキス、製本は不可。正・副の印は任意。
※クリップのとめ方については、各内訳書ごと、各資料ごとには、クリップとめはしないようにし、正・副一式ごとに左肩1ヵ所のみ。
郵送方法 原則、書留扱いの郵便。実地演習実施状況報告書は同封可。
修習生毎に提出。封筒に修習生番号・氏名を必ず記入。
また、再履修に該当する方は、封筒に「実務修習期間内の再履修」・「延長期間における再履修」・「修了考査再受験のための再履修」の別を朱書きしてください。
提出期間 提出締切日の14日前から。書留扱いの郵便であれば、提出締切日の消印有効。
その他注意事項 ・A3の資料は、印刷面を表に2つ折り
・蛍光ペンの使用は不可
・一度提出されたものの差し替えは、認めません。
提出先 〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-11-15 SVAX TTビル
公益社団法人 日本不動産鑑定士協会連合会 実務修習担当 宛

実地演習報告書の審査時における留意事項について


実務修習生(以下「修習生」という。)の実地演習報告書の提出(年3回の定例報告)に当たり、下記について、ご確認ください。
(1)審査会における実地演習報告書の審査において、当該審査案件の更なる内容確認が必要と認められた時には、該当案件について、鑑定評価書等必要な書類の提出を求める場合があります。
(2)(1)の場合、本会より当該修習生宛に通知いたします。
必要書類の提出期限については、通知到達日(配達証明日付)から、到着日を含めた3日後を提出締切日としています(※1 期限を過ぎた場合は非認定となります。ご注意ください。)。
なお、本会からの通知に遅延等が発生した場合には、上述の提出日について特例措置を図る場合があります。ただし、年3回の実地演習報告書の審査については、それぞれ審査期間が決まっていますので、当該審査期間を過ぎた場合には、原則として、審査は行われません(※2 ※1と同じ取り扱いになります。)。
(3)実地演習報告書の審査時に係る留意事項は、(1)及び(2)のとおりです。 修習生各位におかれましては、毎年4月、8月、11月の審査該当月の時期については、配達証明等の郵便物等の送付があった場合には、間違いなくこれを受領のうえ、しかるべく対応するようにしてください。
修習生の方は、くれぐれも通知受領忘れのために、審査期間の終了、非認定ということがないようにご注意ください。
※ 審査の状況に係る照会等については、回答いたしかねます。

実地演習に係る各コース別・提出時期別の細分化類型等について


一般実地演習は、各コース別・期間毎に演習を行う内容(細分化類型等)及び報告する時期が決まっております。下記別添の表を確認のうえ、定められた期間内に演習を行い、報告書をご提出下さい。
提出期限を過ぎて提出された報告書は一切受理いたしませんのでご注意下さい。指定された細分化類型等以外の報告書を提出したり、件数を多く提出した場合も審査は行われません。
実地演習報告内訳書等の報告書の提出に当たっては、それぞれの提出締切日の14日前から受付を致します。
「実地演習に係る各コース別・提出時期別の細分化類型等一覧」(PDF)

実地演習関係の規程・細則及び運用に関する用語の定義等


実地演習に係る報告書等の作成にあたっては、別添の用語の定義等を確認のうえ、作成、報告を行って下さい。
「実地演習関係の規程・細則及び運用に関する用語の定義等」(PDF)