• 重要 REA-NET更改に伴うシステムの停止について
  • 不動産鑑定士とは
  • 入会のご案内
  • 会員検索
      
  • 依頼者・利用者へのご案内
  • 不動産鑑定士を目指す方へのご案内
  • 研修実施関係インフォメーション 研修関連
  • 依頼者プレッシャー通報制度
  • 不動産鑑定相談所
  • ADR(裁判外紛争解決)
  • パブリックコメントの募集や結果 パブリックコメント
  • 実務指針
  • 業務指針
  • Facebook
  • youtube
  • 地価公示制度50周年記念事業
  • アプレイざるちゃんとコンさるくん
  • 令和元年不動産鑑定士試験(論文式試験)受験生の皆様へ

JAREA‐e研修による「不動産鑑定評価等業務と個人情報保護法【改正業務指針の解説】」の配信について

 平成25年頃より、国の成長戦略の一環で、「個人情報の定義の明確化」、「匿名加工情報の取扱いに関する規律」、「利用目的の変更の緩和」の検討が本格化しました。また、「EUのデータ保護指令」の十分性認定を受けるため、「独立した第三者機関の設置」、「要配慮個人情報の取扱いに関する規律」、「小規模事業者への法の適用」、「越境データ移転についての規律」、「開示請求権等の適用の明確化」への対応が、さらにベネッセの業務委託先元社員が顧客情報を不正取得し、名簿業者への転売が発覚、「名簿業者対策」として、「トレーサビリティの確保(個人データの提供・受領時の確認・記録義務)」、「不正な利益を図る目的の漏えい等の刑事罰設置」、「オプトアウト手続の厳格化」が社会的に求められました。
 これらを踏まえ、改正個人情報保護法が平成29年5月30日施行されましたが、本研修では改正ポイントを中心に改正法の解説を行いました。



◆配信開始:平成31年4月22日(月)
◆お申込み・ご受講方法:「研修申込・受講」ボタンよりログインいただき、「e-研修」を選択のうえ、お申込・ご受講ください。
  >>>お申込み・ご受講は こちら
◆受講料:会員 3,000円、非会員 6,000円
◆修了認定(<会員>履修単位の付与):修了の認定については、視聴終了時に表示される確認テストにおいて行います。 履修単位については、確認テストで基準点に達した場合、2単位が付与されます(基準点に達しない場合には、再度テストが受けられます)。