• 重要 REA-NET更改に伴うシステムの停止について
  • 不動産鑑定士とは
  • 入会のご案内
  • 会員検索
      
  • 依頼者・利用者へのご案内
  • 不動産鑑定士を目指す方へのご案内
  • 研修実施関係インフォメーション 研修関連
  • 依頼者プレッシャー通報制度
  • 不動産鑑定相談所
  • ADR(裁判外紛争解決)
  • パブリックコメントの募集や結果 パブリックコメント
  • 実務指針
  • 業務指針
  • Facebook
  • youtube
  • 地価公示制度50周年記念事業
  • アプレイざるちゃんとコンさるくん
  • 令和元年不動産鑑定士試験(論文式試験)受験生の皆様へ

JAREA‐e研修による「相続に関する税務総論」の配信について

 本研修では、主に相続税の基本的な流れや考え方や相続税額の算定方法を理解する研修です。相続税額の算定をするうえで、必要な財産評価及び特例の中でも重要な小規模宅地等の特例についてもご説明していきます。
 また、相続後に取得した財産(今回の例では不動産)を売却した場合の譲渡税の計算の特例についても少し触れさせていただきます。
 最後に、贈与税のうち相続時精算課税制度についての概要と相続税との関連性について、暦年贈与との比較をしながらご説明していきます。
 なお、本研修は基本的な考え方であり、相続税は個々の状況によって進め方等が大きく異なることがありますので、ご留意ください。



◆配信開始:平成31年2月13日(水)
◆お申込み・ご受講方法:「研修申込・受講」ボタンよりログインいただき、「e-研修」を選択のうえ、お申込・ご受講ください。
  >>>お申込み・ご受講は こちら
◆受講料:会員 4,000円、非会員 8,000円
◆修了認定(<会員>履修単位の付与):修了の認定については、視聴終了時に表示される確認テストにおいて行います。 履修単位については、確認テストで基準点に達した場合、3単位が付与されます(基準点に達しない場合には、再度テストが受けられます)。