• 不動産鑑定士とは
  • 入会のご案内
  • 会員検索
      
  • 依頼者・利用者へのご案内
  • 不動産鑑定士を目指す方へのご案内
  • 研修実施関係インフォメーション 研修関連
  • 依頼者プレッシャー通報制度
  • 不動産鑑定相談所
  • 事例データ等の取扱い通報制度
  • ADR(裁判外紛争解決)
  • パブリックコメントの募集や結果 パブリックコメント
  • 実務指針
  • 業務指針
  • Facebook
  • youtube
  • 地価公示制度50周年記念事業
  • アプレイざるちゃんとコンさるくん
  • 第5回PR動画コンテスト

JAREA‐e研修による「不動産市況は今後どうなるのか~統計データからみた不動産市況~(一般社団法人九州・沖縄不動産鑑定士協会連合会:令和元年11月15日開催)」の配信について

 現在の不動産市況は好調だと思いますか?また「好調かどうか」は何を基に判断されましたか?現在、不動産価格の上昇や利回りの低下などが続き、不動産市況は好調が続いていると言われています。とはいえ、近年ではアセットタイプごと・地域ごとに指標が異なる動きをしたり、金余りを背景にした不動産市況への資金流入から実物市場と比べて投資市場の好調が目立ったりと、一概に判断することが難しくなっています。また、例えばオフィス市場でも2012年以降、新たな市況要因の登場もあり市況サイクルがそれ以前とは変化したことにより市況サイクルから今後の見通しを考えることが難しくなっています。
 本研修では、不動産市況を判断するための指標としてどのような統計データがあるか確認し、2019年秋時点での不動産市況の把握を通じて、今後の不動産市況をご一緒に考えていきたいと思っています。

※本研修は、一般社団法人九州・沖縄不動産鑑定士協会連合会の集合研修(令和元年11月15日開催)を収録したものです。
※本研修は、2年間限定で配信いたします。



◆配信開始:令和元年12月18日(水)
◆お申込み・ご受講方法:「研修申込・受講」ボタンよりログインいただき、「e-研修」を選択のうえ、お申込・ご受講ください。
  >>>お申込み・ご受講は こちら
◆会員 3,000円、非会員 6,000円
◆修了認定(<会員>履修単位の付与):修了の認定については、視聴終了時に表示される確認テストにおいて行います。 履修単位については、確認テストで基準点に達した場合、2単位が付与されます(基準点に達しない場合には、再度テストが受けられます)。