• 不動産鑑定士とは
  • 入会のご案内
  • 会員検索
      
  • 依頼者・利用者へのご案内
  • 連載コラム
  • 研修実施関係インフォメーション 研修関連
  • 依頼者プレッシャー通報制度
  • 不動産鑑定相談所
  • ADR(裁判外紛争解決)
  • パブリックコメントの募集や結果 パブリックコメント
  • 実務指針
  • 業務指針
  • Facebook
  • youtube
  • アプレイざるちゃんとコンさるくん
  • 先輩に聞いてみよう!不動産鑑定士の仕事図鑑

JAREA‐e研修による「財産評価の算定と税務の要点」の配信について

 平成27年1月1日より相続税申告の基礎控除額が引き下げられたことに伴い、従来にも増して申告の対象者が増えています。その際、相続財産のなかでも金額的に最もウェイトの高いものが不動産です。
 相続が発生した場合、土地建物の評価額は財産評価基本通達に基づき納税者が算定する建前となっていますが、評価が面倒なこともあり実際には税理士が代行していることが多いと思われます。しかし、なかには相続税評価額を算定するための判断が課税庁と異なったり、グレーゾーンが存在することも事実です。相続税申告のための評価は税理士が主体で行うものですが、不動産鑑定士が税理士から相談を受けるケースも少なからずあります。そのため、財産評価をめぐって争点となりやすい問題を不動産鑑定士としても把握しておくことはきわめて有用と思われます。
 そこで、本研修では、具体的な素材を国税不服審判所裁決事例に求め、鑑定評価との接点も含めて問題点を解説していきます。


 

◆配信開始:平成30年10月23日(火)
◆お申込み・ご受講方法:「研修申込・受講」ボタンよりログインいただき、「e-研修」を選択のうえ、お申込・ご受講ください。
  >>>お申込み・ご受講は こちら
◆受講料:会員 3,000円、非会員 6,000円
◆修了認定(<会員>履修単位の付与):修了の認定については、視聴終了時に表示される確認テストにおいて行います。 履修単位については、確認テストで基準点に達した場合、2単位が付与されます(基準点に達しない場合には、再度テストが受けられます)。