• 不動産鑑定士とは
  • 入会のご案内
  • 会員検索
      
  • 依頼者・利用者へのご案内
  • 連載コラム
  • 研修実施関係インフォメーション 研修関連
  • 依頼者プレッシャー通報制度
  • 不動産鑑定相談所
  • ADR(裁判外紛争解決)
  • パブリックコメントの募集や結果 パブリックコメント
  • 実務指針
  • 業務指針
  • Facebook
  • youtube

修了考査

第11回修了考査受験案内の公表について

第11回修了考査受験案内について、下記のとおり、公表します。

 受験するためには受験申請が必要ですが、受験を希望しない場合も、不受験申請が必要となります。修了考査の受験資格がある方は全員、受験の申請又は不受験の申請を行ってください。
 申請にあたっては、不備のないよう受験案内を熟読のうえ、第11回修了考査の受験を希望される方は「第11回修了考査受験申請書」を、また受験を希望しない方は「第11回修了考査不受験申請書」を実務修習担当課宛に提出してください。
 申請書等は下記からダウンロードのうえ、印刷して使用してください。

第11回修了考査受験案内(PDF)
第11回修了考査受験申請書(PDF)
第11回修了考査不受験申請書(PDF)(※受験しない方が提出するもので、受験される方は必要ありません。)

【参考】
 第11回修了考査の不受験を希望される場合、第12回修了考査を受験することとなります。
 第12回実務修習では、修了考査も含めて制度の見直しを図っていますが、第11回実務修習生以前の方は、経過措置規定(実務修習業務規程附則)により、当面の間、従前の修了考査の実施方法により、第12回修了考査を受験することとなります。

【参考資料】
 改正後修了考査への移行時期について(PDF)
 実務修習制度の見直しについて(H28.6.20掲載記事)
 「実務修習業務規程」及び「同施行細則」の一部改正について(お知らせ)(H29.7.21掲載記事)

修了考査再受験のご案内について

修了考査を再受験するための手続きと再履修の仕方について
修了考査の再受験を希望されるときは、上記の要領により、申込を行ってください。

参考