• 重要 REA-NET更改に伴うシステムの停止について
  • 不動産鑑定士とは
  • 入会のご案内
  • 会員検索
      
  • 依頼者・利用者へのご案内
  • 不動産鑑定士を目指す方へのご案内
  • 研修実施関係インフォメーション 研修関連
  • 依頼者プレッシャー通報制度
  • 不動産鑑定相談所
  • ADR(裁判外紛争解決)
  • パブリックコメントの募集や結果 パブリックコメント
  • 実務指針
  • 業務指針
  • Facebook
  • youtube
  • 地価公示制度50周年記念事業
  • アプレイざるちゃんとコンさるくん
  • 令和元年不動産鑑定士試験(論文式試験)受験生の皆様へ

申請方法について

本会又は地域連合会等若しくは研修委員会が実施団体として認定した団体が実施する集合研修、インターネットを利用した研修(JARE-e研修等)以外のものであって、以下「自己研鑽研修認定基準」の規定に基づき、以下「自己研鑽研修の種類」に該当するものであれば、申請を行うことができます。

自己研鑽研修認定基準

自己研鑽研修については、不動産の鑑定評価に関する法令及び実務その他鑑定評価等業務に必要な知識及び技能に関するもの(不動産の鑑定評価に関する法律施行令第8条第1項)であって、社会環境の変化に対応した知識・技能を修得することを目的として、その内容を定める

自己研鑽研修の種類

  • 1. 専門図書又は専門誌の読書
  • 2. 国家資格又は民間資格の取得
  • 3. 著書の出版
  • 4. 論文の執筆
  • 5. 「学会」又は「その他団体(日本不動産カウンセラー協会以外)」の集合研修への参加
  • 6. 研究報告の執筆
  • 7. 実務指針等の執筆
  • 8. 不動産鑑定士試験委員
  • 9. 委員会活動等
  • 10. 有志での勉強会

申請方法

上記「( 参 考 )」内「自己研鑽研修 単位認定申請書」に必要事項を入力のうえ、研究・研修課メールアドレス宛てに、エクセルデータのまま添付のうえご送信ください。

【研究・研修課メールアドレス】kensyuka@fudousan-kanteishi.or.jp
※郵送またはPDFデータでの申請は受理できませんのでご注意ください。

注意

  • ※「自己研鑽研修を行った日」の属する年度(4月1日~3月31日までの1年間:研修実施期間)に限り、申請を行うことができます。
  • ※自己研鑽研修は、自己研鑽研修単位認定基準に基づき、会員本人が自らの判断により申請することを原則としています。事務局では、申請の可否に係る事前の照会には応じかねますので、ご了承ください。
  • ※研修委員会の判断により、後日、申請内容を証明する書類の提出を求める場合があります。その場合、連絡のあった日から2週間以内に証明書類を提出してください。期日内に提出がない場合、または虚偽の申請をしたことが明らかになった場合は、認定単位を取り消します。
  • ※審査結果に係る通知書は発行しません。
  • ※原則として、提出書類等は返却いたしません。予めご了承ください。

お問合せ先

公益社団法人日本不動産鑑定士協会連合会 研究・研修課
Tel 03-3434-2301 / Fax 03-3436-6450
E-mail:kensyuka@fudousan-kanteishi.or.jp