• 不動産鑑定士とは
  • 入会のご案内
  • 会員検索
      
  • 依頼者・利用者へのご案内
  • 不動産鑑定士を目指す方へのご案内
  • 研修実施関係インフォメーション 研修関連
  • 依頼者プレッシャー通報制度
  • 不動産鑑定相談所
  • 事例データ等の取扱い通報制度
  • ADR(裁判外紛争解決)
  • パブリックコメントの募集や結果 パブリックコメント
  • 実務指針
  • 業務指針
  • 新型コロナウイルス対策関係
  • 「新型コロナウイルス感染拡大防止活動」への寄附金 (特定寄附金)へのご協力のお願い
  • Facebook
  • youtube
  • アプレイざるちゃんとコンさるくん

JAREA‐e研修による「行政庁からの業務発注に係る独占禁止法等法令遵守に関する業務指針について」の配信について

 「行政庁からの業務発注に係る独占禁止法等法令遵守に関する業務指針」は、行政庁から公共調達で業務を受注する際、不動産鑑定士が遵守しなければならない独占禁止法、刑法、官製談合防止法といった法令の基本原則を取りまとめたものです。
 なお、これにより、公正かつ適切に業務受注が行われることにつながり、不動産鑑定士の社会的責任を果たしていくことになります。
 また、この業務指針は、委任や請負といった契約形態に関係なく、行政庁から業務受託する場合に必ず遵守しなければならない事項を網羅しております。
 本研修では、当該業務指針の概要とポイントを解説いたします。研修の単位数は1単位です。





◆配信開始:令和2年11月5日(木)
◆お申込み・ご受講方法:「研修申込・受講」ボタンよりログインいただき、「e-研修」を選択のうえ、お申込・ご受講ください。
  >>>お申込み・ご受講は こちら
◆会員 2,000円、非会員 4,000円
◆修了認定(<会員>履修単位の付与):修了の認定については、視聴終了時に表示される確認テストにおいて行います。 履修単位については、確認テストで基準点に達した場合、1単位が付与されます(基準点に達しない場合には、再度テストが受けられます)。