• 不動産鑑定士とは
  • 入会のご案内
  • 会員検索
      
  • 依頼者・利用者へのご案内
  • 不動産鑑定士を目指す方へのご案内
  • 研修実施関係インフォメーション 研修関連
  • 依頼者プレッシャー通報制度
  • 不動産鑑定相談所
  • ADR(裁判外紛争解決)
  • パブリックコメントの募集や結果 パブリックコメント
  • 実務指針
  • 業務指針
  • 「不動産鑑定契約のあり方(受任者選定方式等)に関する基本的見解」の公表について
  • 4月開催「不動産鑑定評価の日」無料相談会の開催について
  • 新型コロナウイルス対策関係
  • Facebook
  • youtube
  • おしごとはくぶつかん
  • アプレイざるちゃんとコンさるくん
  • 不動産鑑定士論文式試験の受験生の皆様へ

専任の不動産鑑定士に係るデジタル原則を踏まえた今後の対応について(国土交通省周知依頼)

 国土交通省から周知依頼がありましたのでお知らせいたします。
 同省では、政府全体として見直しを行っている「デジタル原則に照らした規制の一括見直しプラン」(令和4年6月3日デジタル臨時行政調査会決定)を踏まえ、不動産の鑑定評価に関する法律第35条第1項に基づく不動産鑑定事務所における不動産鑑定士の専任について見直しを行うこととなっておりましたが、今般、その対応を整理のうえ、地方整備局及び都道府県に対し通知が行われました。
(詳細については、別添資料にてご確認ください)
 
 なお、同省によりますと本通知は、あくまでも現状追認の通知であり、専任規制の廃止や解釈変更を行うものではないとのことです。また、専任の不動産鑑定士が実地に調査する必要があることについても変更はないとのことです。
(詳細については、国土交通省不動産・建設経済局地価調査課にお問い合わせください。)

1、専任の不動産鑑定士に係るデジタル原則を踏まえた今後の対応について
2、参考資料