• 重要 REA-NET更改に伴うシステムの停止について
  • 不動産鑑定士とは
  • 入会のご案内
  • 会員検索
      
  • 依頼者・利用者へのご案内
  • 不動産鑑定士を目指す方へのご案内
  • 研修実施関係インフォメーション 研修関連
  • 依頼者プレッシャー通報制度
  • 不動産鑑定相談所
  • ADR(裁判外紛争解決)
  • パブリックコメントの募集や結果 パブリックコメント
  • 実務指針
  • 業務指針
  • Facebook
  • youtube
  • 地価公示制度50周年記念事業
  • アプレイざるちゃんとコンさるくん
  • 令和元年不動産鑑定士試験(論文式試験)受験生の皆様へ

証券化専門性研修プログラムについて

1.受講資格:

不動産鑑定士(本会非会員を含む)

2.構成:

「知識・理論コース」及び「演習コース」の2つの課程より構成します。

3.受講内容・期間

(1)知識・理論コース(e研修)

以下の9科目(約20時間)のe研修を受講します。

以下「(2)演習コース」の申込時までに以下の全てのe研修を受講し、確認テストに合格する必要があります。

  • ・不動産証券化の理論と実務   ※みなし履修の対象となります。
  • ・証券化対象不動産の鑑定評価(基礎編)
  • ・投資用不動産の鑑定評価(平成27年版)
  • ・エンジニアリング・レポートの基礎知識(平成27年版)
  • ・オフィス・住宅の評価実務に関する研修
  • ・商業施設・物流施設の評価実務に関する研修
  • ・「ホテルの不動産鑑定評価(改訂版)」に関する研修
  • ・高齢者住宅・施設・病院の不動産鑑定評価に係る研修
  • ・平成30年度倫理研修 ‐平成29年度国土交通省立入検査結果(通称:鑑定評価モニタリングの検査結果)において「改善を要すると認める内容」について‐

(2)演習コース(評価実務演習及び小論文提出)

申込期間:平成31年6月1日~7月15日
① 評価実務演習:鑑定評価報告書(2件)を提出

  • ・提出期間:平成31年8月1日~9月30日
  • ・合格発表:平成31年11月(最終週)

② 小論文:公表されたテーマに関する小論文を提出

  • ・テーマの公表:平成31年8月上旬
  • ・提出期間:平成31年12月1日~平成31年12月31日
  • ・合格発表:平成32年3月(1週目)

4.審査の実施:

受講者が、各課程において本会の定める水準を満たすことを確認するため、研修委員会に審査会を設置し、審査を行います。

5.プログラムの修了者

  • (1) 修了証を発行します。
  • (2) 本会ホームページに氏名等を公表します(本会会員かつ希望者に限る)。

6.継続学習の推奨

  • (1) 倫理研修(e研修:毎年更新)
  • (2) 証券化応用研修(集合研修:毎年秋頃に実施)

>> プログラムに係る詳細は「証券化専門性研修プログラム 受講申込案内書」をご覧ください。

>> システム操作の詳細は「専門性研修 操作マニュアル」をご覧ください。